「ユーザー設定リスト」の作り方

Excel Tips

前回、A, B, C・・・とアルファベットの連続データを入力する方法を紹介しました。

ですがこれ、毎回関数を入力するのは面倒ですよね。

「ユーザー設定リスト」を作成すると、独自のリストを作成することができます。

今回、「ユーザー設定リスト」の作り方を紹介します。

関数を文字列に変換する

前回作成した、A, B, C・・・アルファベットの連続データを、ユーザー設定リストに登録しましょう。

その前に下準備が必要です。

関数が入力されたセルは、リストに登録ができません。

A, B, C・・・と表示されているセルを、文字列に変換しましょう。

A~Zを選択します。

Ctrl+Cコピー

Ctrl+Alt+V形式を選択して貼り付け

VEnter値のみ貼り付け

関数だったセルのデータが、文字列データになりました。

下準備は終わりです。

「ユーザー設定リスト」を作成する

[ファイル]→[オプション]をクリックし、「Excelのオプション」を開きます。

[詳細設定]→「全般」にある[ユーザー設定リストの編集]をクリックします。

ユーザー設定リスト」が表示されます。

[リスト取り込み元範囲]に「A1~A26(A~Z)」を選択し、「インポート」をクリックします。

ユーザー設定リストに「A, B, C・・・」が追加されました。

OK」をクリックします。

実際に入力してみましょう。

A1セルに「A」と入力します。

右下の「(フィルハンドル)」を下方向にドラッグすると、

「A, B, C・・・」とアルファベットの連続データを入力することができました。

右方向でも同様です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アルファベットの連続データを例に、「ユーザー設定リスト」の作り方を紹介しました。

店舗名部署名簿など、独自のリストを作成する際にとても便利なので、ぜひ使ってみてください。

こちらのExcel本もご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました