Excel Tips

文字列の数字を数値に変換する方法【Excel】

WEBや他のソフトウェアから抽出した数値データが、Excel上では文字列データとして扱われることがあります。

このままだと、SUM関数などで参照したときに、文字列データなので計算できない状態になっています。

今回、文字列データの数字を数値に変換する方法を紹介します。

[数値に変換する]

数値に変換したい文字列データの数字を選択し、横に出現する「エラーチェックオプション」をクリックします。

[数値に変換する]をクリックします。

文字列の数字から、数値に変換されました。

SUM関数計算可能な数値になっています。

Excelでは数値は右揃え文字列は左揃えになります。

VALUE関数

VALUE関数を使って数値に変換することもできます。

関数 VALUE
説明 数値を表す文字列を数値に変換します。
書式 =VALUE(文字列)
リンク Microsoft Office公式サポート

B1セルに「=VALUE(A1)」と入力すると、数値の「123」に変換されます。

右下の「■」を下にドラッグすると、同様に数値に変換されます。

「×1」をする

文字列の数字に、数値の「1」を掛ける(乗算)ことで数値に変換することができます。

B1セルに「=A1*1」と入力すると、数値の「123」に変換されます。

これ、左揃えのままですが、ちゃんと計算可能な数値になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

文字列としての数字を計算可能な”数値”に変換する方法を紹介しました。

  • [数値に変換する]
  • VALUE関数
  • 「×1」をする

ぜひ使ってみてください。

おすすめのExcel本はこちら。

おすすめのExcel勉強法はこちら。