Excelステータスバーの便利な機能

Excel Tips

Excelの表示領域の一番下の左側に位置しているのは、ステータスバーといいます。

これ。地味ですが、何かと便利です。

使用しているバージョンはExcel365です。

「編集モード」と「入力モード」の表示

F2で「編集モード」と「入力モード」を切り替えるとき、今どっちのモードかが表示されます。

編集モード」では、を押すとセル内でカーソルが左に移動しますが、「入力モード」では、を押すと左のセルに移動します(左のセルがアクティブセルになる)。

数式や関数を入力するときに使い分けると便利です。

計算結果を表示する

データをドラッグすると、「平均」「データの個数」「合計」が表示されます。

カンタンな計算結果なら、これだけでわかりますね。

ステータスバーのカスタマイズ

ステータスバーを右クリックすると、表示する項目をカスタマイズできます。

たとえば、「数値の個数」「最小値」「最大値」にします。

表示される項目が増えました。

マクロの記録

マクロの記録」もここで行うことができます。

これ、私がマクロVBAを使うから表示されいるのかもしれません😅

「マクロの記録ってなに?」って人はこちら↓をご覧ください。

マクロ記録で作業を自動化する(Microsoft Office公式サポート)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

便利なステータスバーについて紹介しました。

  • 「編集モード」と「入力モード」の表示
  • 計算結果を表示する
  • ステータスバーのカスタマイズ
  • マクロの記録

もっと詳しく知りたい人は、Microsoft Office公式サポートのHPをご覧ください。

Excel のステータス バーのオプション(Microsoft Office公式サポート)

オススメのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました