Excelで鬼滅の刃、竈門炭治郎の市松模様をつくる方法

Excel Tips

Excelで鬼滅の刃、竈門炭治郎の市松模様をつくる方法を紹介します。

↑こんな感じですね。

セルを正方形にする

まず、セルを全選択します。

左上のクリックする、もしくはCtrl+Aセルを全選択します。

列見出し(A, B, …)の間の「(縦線)」を右クリックし、[列の幅]をクリックします。

[列の幅]を「2.5」にします。

これでセルが正方形になりました。

セル背景を交互に黒と緑にする

(列数+行数)が奇数の場合は黒背景偶数の場合は緑背景にする

↑こういう風に考えます。

条件付き書式を使います。

(列数+行数)が奇数の場合は黒背景にする

[条件付き書式]→[新しいルール]をクリックします。

▶数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

次の数式を満たす場合に値を書式設定」に「=isodd(column()+row())」と入力します。

※小文字、大文字どちらでも構いません。

ISODD関数は、「数値が奇数かどうか判定する関数」です。

関数説明書式Officeサポート
ISODD数値が奇数のときTRUEを返し、偶数のときFALSEを返す=ISODD(数値)リンク

[書式]をクリックします。

[塗りつぶし]タブを選択し、背景色の「黒」を選択し、[OK]をクリックします。

プレビューになっているのを確認し、[OK]をクリックします。

1マスおき(市松模様)にセルがになりました。

(列数+行数)が偶数の場合は緑背景にする

同様にして「=iseven(column()+row())」と入力します。

※小文字、大文字どちらでも構いません。

ISEVEN関数は、「数値が偶数かどうか判定する関数」です。

関数説明書式Officeサポート
ISEVEN数値が偶数のときTRUEを返し、奇数のときFALSEを返す=ISEVEN(数値)リンク

塗りつぶしの色にしましょう。

いい感じの緑がなかったので、[その他の色]を選択します。

いい感じの緑を選択して、[OK]をクリックします。

プレビューを確認し、[OK]をクリックします。

これで完成です。

ルールの管理」を見てみましょう。

適応先」は適宜変更してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Excelで鬼滅の刃、竈門炭治郎の市松模様をつくる方法を紹介しました。

  • セルを正方形にする
  • 条件付き書式を使って、セル背景を交互に黒と緑にする

仕事に役立つかは不明ですが、参考になれば幸いです😅

オススメのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました