その他Office

【PowerPoint】袋文字のつくり方【写真に文字を配置】

先日、こんなツイートをしました。

PowerPointで写真に文字を入れるとき、そのまま入力すると、とても見えにくいですよね。

そんなときは、袋文字がきれいで見えやすいですよ。

今回、袋文字のつくり方を紹介します。

写真に文字をそのまま配置すると・・・

以下の画像をご覧ください。

写真上に文字を配置しています。

黒文字も白文字も見えなくはないですが、見えにくいですよね。

「そういうときは、文字の輪郭をつければいいんだよ」

たしかにそうなんですが、どうしても元の文字がつぶれてしまいます

細い輪郭線だとしても、イマイチですよね。

輪郭線を目立つようにしても、イマイチです。

袋文字のつくり方

そんなときは、袋文字が便利です。

ほら、どうですか?

元の文字がつぶれないまま、輪郭線によって文字が際立ち、とても見えやすくなりました

これ、袋文字っていいます。

作り方は簡単です。

まず、目立たせたい文字(テキストボックス)を[Ctrl]+[D]で複製します。

[Ctrl]+[C]→[Ctrl]+[V]と同じです)

[Ctrl]+[D] オブジェクトの複製

[図形の書式]→[文字の輪郭]から「白」を選択します。

[太さ]→[その他の線…]→[◢ 文字の輪郭]から[幅]を調整します。

今回は黒文字なので、輪郭の色は「白」にしました。幅は「15.5pt」にしています。

この辺は使う文字の色や大きさによって各自選択・調整してください。

作った文字を重ねます。

手動でもいいですが、[配置]を使うと便利です。

[図形の書式]→[配置]→[左揃え][上揃え]で重ねました。

これを1つ背面に移動させます。

[図形の書式]→[背面へ移動]を選択します。

これで袋文字の完成です。

白文字の場合は、輪郭線の色を「黒」にすると、見えやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

袋文字のつくり方を紹介しました。

PowerPointで写真に文字を配置するとき、袋文字が見えやすくていいですよ👍

ぜひ、プレゼンスライドで使ってみてください。

おすすめのPowerPoint本はこちら。

created by Rinker
¥2,618 (2021/12/09 02:38:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2021/12/09 02:38:54時点 Amazon調べ-詳細)