1行おきに色を塗って縞模様にする方法②選

Excel Tips

「Excelで1行おきに色を塗って縞模様にしたい」

こういうことありませんか?

縞模様にすると、表の見栄えがよくなりますよね。

書式を変えるだけなので、セルの数値は変わりません。

さらにテーブルにすると、集計作業がとても楽になります。

今回、1行おきに色を塗って縞模様にする方法②選を紹介します。

条件付き書式を設定する

縞模様にするセル範囲を選択します(上図ではA2~G21)。

[ホーム]タブにある[条件付き書式]→[新しいルール]を選択します。

書式ルールの編集」ダイアログボックスが開きます。

▶数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

[次の数式を満たす場合に値を書式設定:]に、=MOD(ROW(),2)=1と入力します。

[書式]より塗りつぶしの色を選択します(薄い灰色を選択しました)。

[OK]をクリックします。

1行おきに背景が灰色になり、縞模様になりました。

今回、余りを求めるMOD関数と、行数を求めるROW関数を使用しました。

MOD(ROW(),2)=1」は、「行数を2で割った余りが1(つまり奇数行)」と同じです。

偶数行の色を変えたいときは、「MOD(ROW(),2)=0」とすればいいわけです。

関数説明書式Office公式サポート
MOD数値を除数で割ったときの剰余を返します。=MOD(数値, 除数)リンク
ROW引数として指定された配列の行番号を返します。=ROW([範囲])リンク

テーブルにする

もうひとつはテーブルにする方法です。

こちらの方法がおススメです。

表のどこかを選択している状態で、Ctrl+Tを押して、表をテーブルに変換します。

表がテーブルに変換され、縞模様になりました。

[テーブルデザイン]タブが追加され、[テーブルスタイル]から色を選択できます。

よく見ると、[テーブルスタイルのオプション]の[縞模様(行)]に✔がされています。

テーブルに変換すると、自動で縞模様になるのです。

Ctrl+T テーブルにする

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1行おきに色を塗って縞々にする方法②選を紹介しました。

  1. 条件付き書式を設定する
  2. テーブルにする ←おすすめ!

縞模様にすると、表が見やすくなります。

さらにテーブルにすると、ソートや抽出などの集計作業をかんたんに行うことができます。

ぜひ、使ってみてください。

おすすめのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました