自動保存を設定する方法

Excel Tips

Excel操作において、保存はとても大事です。

どんなに素晴らしい表やグラフを作成しても、保存しなければ何の意味もありません。

保存の方法は3通り

保存の方法は3通りあります。

  1. 上書き保存 Ctrl+S
  2. 名前を付けて保存 F12
  3. 自動保存

ショートカットも楽ですが、自動保存もぜひ設定しましょう。

Excel作業をしていて異常終了したときに、直前の保存時の状態に回復してくれます。

今回、自動保存の設定の仕方を解説します。

自動保存を設定する

[ファイル]タブを選択します。

[オプション]を選択します。

Excelのオプション」が開きます。

左の項目から「保存」を選択します。

次の間隔で自動回復用データを保存する」に✔(チェック)を入れます。

1分刻みで自動保存する間隔を設定できます。

オススメは最短の「1分です。

[OK]をクリックして設定終了です。

左上にある自動保存の「オフ」をクリックすると、「オン」になります。

私は個人用と職場のMicrosoftアカウントがあるので、どのアカウントに保存するか選択する必要があります。

どこに保存されるの?

保存される場所を確認しましょう。

「自動回復用ファイルの場所」に保存場所のパスが記載されています。

必要なら、自身で管理しやすい場所に設定しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自動保存の設定の方法を紹介しました。

まだしてない方は、ぜひ設定しましょう。

「あー、保存してないのに異常終了したー!!今までの作業がムダになったーー!!」

↑がなくなりますように😅

オススメのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました