Excel関数天下一武道会 ⑭本選6日目

Excel関数天下一武道会

2021年4月17日~5月3日に開催された、

~Excel関数天下一武道会~

1番人気のExcel関数決めようぜ!

総投票数 58,219 票

その記録です。①最終結果はこちらからどーぞ↓↓

今回は⑭回目 本選6日目の記録です。

本選ルール&5日目終了時点

ルールは簡単。

Twitterアンケートを使って実施。

  • 1対1のガチンコ勝負
  • 好きな関数を選ぶ
  • 投票数の多い方が勝ち
画像
本選5日目終了時点

2回戦第2試合がはじまる!

それでは 本選6日目 開始!!

A⑥ AVERAGE vs LOOKUP

関数説明構文Office公式サポート
AVERAGE引数の平均 (算術平均) を返す=AVERAGE(数値 1, [数値 2], …)リンク
LOOKUP1 つの行または列から、他の行または列の同じ場所にある値を見つける=LOOKUP(検査値, 検査範囲, [対応範囲])リンク

LOOKUP使ったことない😅

VLOOKUPXLOOKUPと勘違いされてる?

Excel医
Excel医

私はAVERAGEに1票!

AVERAGEは平均値、MEDIANは中央値、MODは最頻値

B⑥ VLOOKUP vs COUNT

VLOOKUP表または範囲のデータを行で検索する=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])リンク
COUNT数値を含むセルの個数、および引数リストに含まれる数値の個数を数える=COUNT(値 1, [値 2], …)リンク

↑これ、最後にエキシビジョンマッチで実現!😁

やはり優勝候補VLOOKUP、強い。

COUNTも頑張った。

使い勝手はCOUNTA、COIUNTIF、COUNTIFSに劣るか。

Office公式サポート
Excel医
Excel医

私はVLOOKUPに1票!

C⑥ SUMIFS vs IFERROR

SUMIFS複数の検索条件に一致するすべての引数を合計する=SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], …)リンク
IFERROR数式のエラーをトラップして処理する=IFERROR(値, エラーの場合の値)リンク

これは接戦!

【SUM+IF+S】の合体関数、SUMIFS

ERROR処理のスペシャリスト、IFERROR

Excel医
Excel医

私はIFERRORに1票!

=IFERROR(値, “”)

これでERRORを空欄(””)にするってのをよくやる。

僅差でSUMIFSに敗退。

D⑥ SUMIF vs MAX

SUMIF指定した条件を満たす範囲内の値を合計する=SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])リンク
MAX一連の引数のうち、最大の数値を返す=MAX(数値 1, [数値 2], …)リンク

これは悩んだ!

【SUM+IF】2大巨頭の合体関数、SUMIF

最大値を返す唯一無二の関数、MAX

ちなみに、理論値文字列を含めたMAXAという関数もある。

「TRUEは1」、「FALSEや文字列は0

Excel医
Excel医

私はSUMIFに1票!

本選6日目終了 & 応援動画

画像
本選6日終了時点

記録係 ゆぇ。さん(@YUExcelMARU

今回もありがとうございます🙇‍♂️

ベスト8出そろう!

本選6日目 総投票数 4,664

投票してくれたみなさん、本当にありがとうございました🙇‍♂️

#Excel関数天下一武道会 応援動画
#Excel関数天下一武道会 応援動画

なんと、応援動画を作ってくれた人が!!

めちゃくちゃ面白い!🤣

AVERAGEの騎手「平 均斗」とかツボ👍

ryokoさん(@RPA_Journey

ありがとうございます🙇‍♂️

本選7日目(準々決勝)につづく・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました