Excelで通貨表示する方法③選

Excel Tips

Excelで金額を入力するとき、どうしてますか?

まさか「1,000円」とか入力してませんよね。

,(カンマ)」を入力する。「」を入力する。どっちもダメです🙅‍♂️

過去の私はしていました😅

こちらの記事もご参照ください。

1,000円」と表示したいけど、計算可能な「1000」として扱いたい。

今回、Excelで通貨表示する方法③選を紹介します。

「表示形式」を変更する

「1,000円」と入力した場合、これは文字列として扱われます。

文字列はあくまで文字であり、数値ではありません。

計算ができないのです。

A1セルに「1,000円」、A2セルに「2,000円」と入力したとします。

A3セルに「=A1+A2」と入力した場合、「3,000円」とは表示されず、「#VALUE!」と表示されました。

これは計算できない文字列同士を足し算しようとして、できなかったということです。

表示形式を変更しましょう。

A1セルには「1000」とだけ入力します。これは計算可能数値です。

Ctrl + 1 (テンキー不可)で「セルの書式設定」を開きます。

Ctrl + 1(テンキー不可) セルの書式設定を開く

ユーザー定義」を選択し、「種類」から「#,##0」を選択します。

さらに「#,##0」の後に、「」と入力します。

サンプルが「1,000円」になっています。[OK]をクリックします。

A1セルには「1,000円」と表示されていますが、数式バーを見ると、「1000」になっています。

これは、A1セルの値は計算可能な「1000」という数値だけど、表示形式は「#,##0円」つまり、「1,000円」と表示している、ということです。

計算ができました。

[通貨表示形式]

もう一つは、[通貨表示形式]です。

[ホーム]タブの、[通貨表示形式]ボタンをクリックします。

¥1,000」と表示されましたが、A1セルの値は「1000」のままです。

ここは日本なので、自動で「¥(円)」になったのです。

ショートカット

ショートカットも紹介します。

Ctrl + Shift + $ 表示形式を通貨表示にする

ちなみに、

Ctrl + Shift + ! 表示形式を桁区切りにする

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Excelで通貨表示する方法③を紹介しました。

  • 「表示形式」を変更する
  • [通貨表示形式]
  • ショートカット

どれがいいかは、個人扱うデータにもよるので、使い分けできるのがいいでしょう。

ぜひ使ってみてください。

オススメのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました