Excel関数天下一武道会 ⑩本選2日目

Excel関数天下一武道会

2021年4月17日~5月3日に開催された、

~Excel関数天下一武道会~

1番人気のExcel関数決めようぜ!

総投票数 58,219 票

その記録です。①最終結果はこちらからどーぞ↓↓

今回は⑩回目 本選2日目の記録です。

本選ルール&1日目終了時点

ルールはいたって簡単。

Twitterアンケートを使って実施。

  • 1対1のガチンコ勝負
  • 好きな関数を選ぶ
  • 投票数の多い方が勝ち
画像
本選1日目終了時点

それでは 本選2日目 開始!!

A② SUM vs COUNTIF

関数説明構文Office公式サポート
SUM値を加算する=SUM(数値1, [数値2], …)リンク
COUNTIF1 つの検索条件に一致するセルの個数を返す=COUNTIF(範囲, 検索条件)リンク

個人的に1回戦の中で、もっとも注目していたカード

合計する】vs【条件に合うデータを数える

どっちもよく使う。悩んだ方も多いのでは?

Excel医
Excel医

私はCOUNTIFに1票!

= COUNTIF(どこを参照しますか?, 何を探しますか?)

Office公式サポート

↑公式にこう書いてるの好き。

B② NOW vs INDEX

NOW現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返す=NOW()リンク
INDEXテーブルまたはセル範囲にある値、あるいはその値のセル参照を返す=INDEX(配列, 行番号, [列番号])リンク
Excel医
Excel医

私はINDEXに1票!

NOWの引数がなく、今を刻み続ける愚直さも好き😁

C② MID vs COUNTIFS

MID文字列の指定された位置から指定された文字数の文字を返す=MID(文字列, 開始位置, 文字数)リンク
COUNTIFS複数の範囲のセルに条件を適用して、すべての条件が満たされた回数をカウントする=COUNTIFS (条件範囲 1, 検索条件 1, [条件範囲 2, 検索条件 2],…)リンク
Excel医
Excel医

私はCOUNTIFSに1票!

MIDも好き。文字列操作が好きなんよ。

今回はCOUNTIFSに軍配。

D② IF vs ROUNDDOWN

IF設定した条件にしたがって、値を変化させる=IF(論理式, [値が真の場合], [値が偽の場合])リンク
ROUNDDOWN数値を指定された桁数で切り捨てる=ROUNDDOWN(数値, 桁数)リンク

IF強い!

ぶっちぎりや。

Excel医
Excel医

私はIFに1票!

というか、ROUNDDOWN使ったことない・・・

勉強になる~👍

ほんとそう思う。

本選2日目終了

本選2日目 総投票数 5,157

投票してくれたみなさん、本当にありがとうございました🙇‍♂️

画像
本選2日目終了時点

こういうコメントは、本当見てて楽しかった😊

本選3日目につづく・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました