エラー値を非表示にする方法

Excel Tips

エラー値にはいろいろあります。

#NULL! #DIV/0! #VALUE! #REF! #NAME? #NAME? #NUM! #N/A などです。

それぞれエラーの原因がわかるようになっていますが、覚える必要はありません

覚えるのは、「#(シャープ)から始まる記号はエラー値である」←これです。

ですが、エラー値のままだとデータが不格好ですよね。

今回、エラー値を非表示にする方法を紹介します。

IFERROR関数を使う

こんなデータがあるとします。

C5セルとC6セルがエラー値ですね。

それぞれ割る数が「0」「-(文字列)」になっているため、エラー値となっています。

IFERROR関数を使います。

関数説明書式Office公式サポート
IFERROR数式がエラーの場合に、指定した値を返します=IFERROR(値, エラーの場合の値)リンク

F2でC2セルを選択し、編集します。

Homeでカーソルを先頭に移動し、「=if」と入力します。

オートコンプリートからIFERRORを選択し、Tabを押します。

「値」にはA2/B2が入力されています。

Endでカーソルを右端に移動させます。

,(カンマ)」を付けて、「エラーの場合の値」に「“”(ダブルクォーテーション×2)」と入力します。

C2~C6を選択して、Ctrl+D下方向にコピペします。

エラー値だったC5とC6セルが空白になりました。

“”」のところを、「“-“」にすると、エラー値が「」と表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エラー値を非表示にする方法を紹介しました。

実は今回の記事、IFERROR関数以外に、様々なExcelの小技を使いました。

  • F2 セルの編集
  • オートコンプリート 入力補助
  • Tab 選択
  • Home 先頭に移動
  • End 右端に移動
  • 「””」 空白
  • Ctrl+D 下方向(Down)にコピペ

このようにExcelを学ぶ際は、枝葉をつけて学ぶことが大事なのです。

どんどんExcelを使うのが速くなり、楽しくなりますから。

おすすめのExcel本はこちら。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました