入力必須セルが空白のとき、色をつけて目立たせる方法【Excel】

Excel Tips

入力必須セル空白のとき、をつけて目立つようにしたい!

そんなときどうしてますか?

セルを黄色に塗りつぶしても、項目を入力して黄色背景は消えません。

項目を入力したら、黄色背景が消えるようにしたいですよね。

[条件付き書式]を使って、入力必須項目が空白のときに黄色背景にする方法を紹介します。

[条件付き書式]

入力必須項目のセルを選択(ここではC3)し、[条件付き書式]→[新しいルール]をクリックします。

▶指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択し、「セルの値」「次の値に等しい」を選択し、条件に=””と入力します。

セルの書式設定」で、「塗りつぶし」から黄色を選択します。

プレビューが黄色背景になっているのを確認し、[OK]をクリックします。

これで完成です。

入力必須セル(C3)が空白のとき、黄色背景になっています。

項目を入力すると、

黄色背景が消えます。

もちろんこれ、複数セルで行う場合も、同じ条件式でできます。

適用先を変えるだけです。

補足

=””

これについて補足します。

“(ダブルクォーテーション)は、文字列を指定するときに使う記号です。

“(ダブルクォーテーション)2つ“”」で「空白」という意味です。

なので、「=””」は、「空白なら(何も入力されてなかったら)という意味になります。

これ、IF関数条件式でよく利用しますので、ぜひ覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

[条件付き書式]を使って、入力必須項目が空白のときに黄色背景にする方法を紹介しました。

「=””」「空白なら」、ということも押さえておきましょう。

オススメのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/10/19 09:14:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2021/10/18 17:05:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通エフ・オー・エム
¥2,310(2021/10/19 09:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました