超かんたん!プルダウンリストの作り方、自動更新の方法【Excel】

Excel

Excelデータ入力の際に超便利な、「プルダウンリスト」の作成方法を解説します。

「プルダウンメニュー」「ドロップダウンリスト」とも言いますが、同じものです。

プルダウンリストを作成すれば、リストから選択するだけ。

手入力による煩雑さや、入力ミスを減らすことができます。

ぜひ作れるようになりましょう。

プルダウンリストの作り方

項目を直接入力する場合

  1. プルダウンリストを配置するセルを選択
  2. 「データ」タブ
  3. 「データの入力規則」
  4.  [入力値の種類 ]から「リスト」を選択
  5.  [元の値] にリストの項目を入力([男, 女]など)
  6. 「OK」

項目をすでにあるリストから選択する場合

プルダウンリストを自動更新させる

元データが増えた場合、その都度参照データ範囲を指定しなおす必要があります。

これは面倒です。

リストを自動更新させる方法は、

  • 「リスト」をテーブルにする
  • OFFSET関数を使用する

などがあります。

「リスト」をテーブルにする

  1. 「リスト」を【Ctrl+T】でテーブルに変換する
  2. テーブルにリスト項目を追加する
  3. プルダウンリストが自動更新される

OFFSET関数を使用する

説明構文Office公式サポート
OFFSETセルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセル範囲の参照を返す=OFFSET(基準, 行数, 列数, [高さ], [幅])リンク
  1. [元の値]に「=OFFSET($C$1,0,0,COUNTA(C:C),1」と入力する

これだけです。OFFSET関数について解説します。

OFFSET関数は、「範囲をずらす」ことができます。

C1セル(山田)を基点とし、0行0列移動したセル(C1)から、C列にあるデータの個数分の行数と、1列分をリストの参照元にします。

まとめ

Excelの便利な機能、プルダウンリストの作り方と、自動更新の方法を説明しました。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのExcel本を参考にしてみてください。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694(2021/06/19 06:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました